LoopBack is a platform for building APIs and microservices in Node.js

GitHub Repo

LoopBack 4 framework code is being developed in one “mono-repository”, loopback-next, rather than multiple repos, as in v3. However, examples and externally-developed components will be in separate repositories.

LoopBackは、Expressをベースにした非常に拡張性の高い、オープンソースのNode.jsフレームワークです。 これにより、データベースやSOAPまたはRESTサービスなどへ接続を行うAPIおよびマイクロサービスを迅速に作成できます。

以下の図はLoopBackがコンポジションブリッジとして提供する、送られてきたリクエストをどのように他のサービス(DBなど)へ接続しているかを示す構成図です。 またLoopBackが提供するさまざまな機能に対し、どのような登場人物がどこで関わるかも示しています。

LoopBack 4 Overview

API開発者としてのメリット

  • APIエンドポイントをOpenAPI 標準にしたがって定義しましょう。
  • エンドポイントをモダンなJavaScript、ES2017のasync / await,modulesを使って書きましょう。
  • 定義済みのエンドポイントとスキーマをソースコードとして使用できます。コードを生成する必要はありません。

チームとしてのメリット

  • 全てのJavaScriptコードを見ずともAPIをレビューできます。
  • エンドポイントとスキーマの検証を自動化して一貫性を維持することができます。
  • TypeScript が標準的な開発言語になります。

プラットフォームとしてのメリット

  • LoopBackを自分のフレームワークまたはプラットフォームの呼び出し地点として使用できます。
  • 標準化された方法で再利用可能なコンポーネントのライブラリを構築できます。
  • コネクタを使用してデータベース、Webサービス、およびその他のプラットフォームと統合できます。