LoopBack 4 Todo Application Tutorial - Add a Datasource
Page Contents
Page Contents

データソース

データソースは、データベース、API、メッセージキューなど、さまざまなデータソースに接続するLoopBackのメソッドです。そして、Loopback 4のDataSourceは、外部システム内のデータを表すコネクタインスタンスの名前を付けたコンフィグレーションです。コネクターは、データ操作のためにLoopBack 4リポジトリを強化するためにlegacy-juggler-bridgeによって使用されます。

LoopBack 4ではデータソースを、強く型付けされたオブジェクトとして表すことができ、またアプリケーション全体で自由に injectionに適用できるようになります。通常、LoopBack 4では、データソースを Repositoriesと組み合わせて使用​​して、データへのアクセスを提供します。

LoopBackのデータソースの詳細については、DataSourcesを参照してください。 また、APIはTodoアイテムのインスタンスを永続化する必要があるため、これを可能にするためにデータソース定義を作成する必要があります。

データソースの構築

プロジェクトフォルダー内から、lb4 datasourceコマンドを実行してDataSourceを作成します。このチュートリアルでは、Jugglerに付属のメモリコネクタを使用します。

lb4 datasource
? Datasource name: db
? Select the connector for db: In-memory db (supported by StrongLoop)
? window.localStorage key to use for persistence (browser only):
? Full path to file for persistence (server only): ./data/db.json
  create src/datasources/db.datasource.config.json
  create src/datasources/db.datasource.ts
  update src/datasources/index.ts
Datasource Db was created in src/datasources/

完成したファイルを表示するには、Todo example. を参照してください 。 アプリケーションルート内に dataフォルダを作成し、サンプルデータを置いたdb.json を作成し、格納します。

data/db.json

{
  "ids": {
    "Todo": 5
  },
  "models": {
    "Todo": {
      "1": "{\"title\":\"Take over the galaxy\",\"desc\":\"MWAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAMWAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA\",\"id\":1}",
      "2": "{\"title\":\"destroy alderaan\",\"desc\":\"Make sure there are no survivors left!\",\"id\":2}",
      "3": "{\"title\":\"play space invaders\",\"desc\":\"Become the very best!\",\"id\":3}",
      "4": "{\"title\":\"crush rebel scum\",\"desc\":\"Every.Last.One.\",\"id\":4}"
    }
  }
}

準備ができたら、データソースにレポジトリ を追加します。

前のステップ: モデルを追加する

次のステップ: レポジトリを追加する