Page Contents
Page Contents

モデルに独自のロジックを追加する方法は3つあります。

  • リモートメソッド - Node関数に紐付けられたRESTエンドポイントです。
  • リモートフック - リモートメソッドが実行された時(前または後)に起動できるロジックです。
  • 操作フック - モデルが、データソースに作成・読取・更新・削除の操作を行った時に起動できるロジックです。

独自ロジックのタイミングをさらに改良するには、各メソッドの呼出しを設定します。 いずれの場合でも、LoopBackはロジックを起動する仕組みを提供するだけなので、独自のロジックをコーディングする必要があります。

Tags: models