loopback-oracle-installer モジュールはバイナリの依存関係を考慮し、Orackeコネクタインストールの手順を単純にします。
Page Contents

loopback-oracle-installer

Oracleコネクタバージョン3.0.0以上は、Node.js用のOracleデータベースドライバとして、oracledb モジュールに依存しています。oracledb は、C++ add-on であるため、インストールにはソースをコンパイルしてモジュールをビルドする C++ 開発ツールが必要です。詳しくは、Installing compiler tools を参照してください。

実行時には、strong-oracle が Oracle Database Instant Client の動的ライブラリを必要とします。

loopback-oracle-installer モジュールはバイナリの依存関係を考慮し、Orackeコネクタインストールの手順を単純にします。

インストーラは自動的に、事前ビルド済みのoracledbをダウンロードし、/loopback-connector-oracle/node_modulesディレクトリに展開します。同様に、Oracle データベースインスタントクライアントを <UserHomeDirectory>/oracle-instant-client に展開します。、インストーラは Oracle の前提条件をインストールするか尋ねます。 詳細は、Installing node-oracledb を参照してください。

Oracle の前提条件をインストールしたら、以下のコマンドでOracleコネクタを再インストールします。

$ npm install loopback-connector-oracle --save

これは、内部で npm install oracledb コマンドを実行します。

トラブルシューティング

loopback-connector-oracle のインストールで問題が起きたら、以下のシンボリックリンクが存在することを確認してください。

libclntsh.dylib -> libclntsh.dylib.11.1

また、以下の環境変数がセットされていることを確認してください。

$ export OCI_LIB_DIR=$HOME/oracle-instant-client
$ export OCI_INC_DIR=$HOME/oracle-instant-client/sdk/include

もし、プラットフォームやNodeのバージョンに合った事前ビルド済みのバンドルが存在せず、 Installing node-oracledb に記載されたOracleの前提条件をインストールした場合、 以下のように環境変数をセットしてください。

$ export OCI_LIB_DIR=/opt/oracle/instantclient
$ export OCI_INC_DIR=/opt/oracle/instantclient/sdk/include

インストール後のセットアップ

MacOS X または Linux

以下のコマンドを実行して、LD_LIBRARY_PATH 環境変数をセットします。

$ export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH:$HOME/oracle-instant-client"

もし、プラットフォームやNodeのバージョンに合った事前ビルド済みのバンドルが存在せず、 Installing node-oracledb に記載されたOracleの前提条件をインストールした場合、 以下のように環境変数をセットしてください。

$ export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH:$OCI_LIB_DIR"

Linux

Linuxでは、libaio ライブラリが必要です。もし存在しない場合、以下のようにインストールしなければなりません。

Ubuntu/Debian:

$ sudo apt-get install libaio1

Fedora/CentOS/RHEL:

$ sudo yum install libaio

Windows

ログインユーザのPATH環境変数を設定します。PATHの設定は直ちに効果が出ないことに注意してください。 以下の方法で、設定を有効にしなければなりません。

  1. 現在のセッションからログオフし、再度ログインする。
  2. 以下の手順に従って、環境変数をリセットする。
    • コントロールパネルを開く –> システム –> システムの詳細設定 –> 環境変数
    • ユーザ環境変数 の中にある Path を編集し、OK をクリックして有効化する。
    • 新しいコマンドプロンプトを開き、’path’と入力して確認する。

Installation behind a proxy server

If your system is behind a corporate HTTP/HTTPS proxy to access the internet, you must set the proxy for npm before running npm install.

For example,

$ npm config set proxy http://proxy.mycompany.com:8080
$ npm config set https-proxy http://https-proxy.mycompany.com:8080

If the proxy URL requires username/password, use the following syntax:

$ npm config set proxy http://youruser:[email protected]:8080
$ npm config set https-proxy http://youruser:[email protected]:8080

You can also set the proxy as part of the npm command as follows:

$ npm --proxy=http://proxy.mycompany.com:8080 install
$ npm --https-proxy=http://https-proxy.mycompany.com:8080 install

NOTE: npm’s default value for proxy is from the HTTP_PROXY or http_proxy environment variable. And the default value for https-proxy  is from the HTTPS_PROXY, https_proxy, HTTP_PROXY, or http_proxy environment variable. So you can configure the proxy using environment variables too.

Linux or Mac:

HTTP_PROXY=http://proxy.mycompany.com:8080 npm install

Windows:

set HTTP_PROXY=http://proxy.mycompany.com:8080
npm install